人間の身体は水分を除けばほとんどたんぱく質でできています。
日頃、仕事でストレスを感じると、たんぱく質が壊れていくため疲れを感じたり機能低下します。
42℃のお湯に10分浸かると、身体の中心体温が2℃くらい上がり、その時に一番たんぱく質が修復される事が医学的に証明されています。

全国浴場新聞12月掲載 
神藤啓司氏の講習会より転載

是非来てみて確かめてくださいね。

DSC_0001

今週のジャグジーは「しょうが湯」です。