公衆浴場組合が作ったこちらの冊子。若さと健康を維持するために銭湯がどのように役立つか、マンガ形式でわかりやすく解説しています。

日々の温浴が肉体の健康に及ぼす影響は、皆さんもよくご存知の通りかと思います。

冊子内で引用されたある調査によると、「毎日とてもしあわせ」と感じる人の割合が銭湯に行かない人では42.8%のところ、毎日〜週1で行く人たちはなんと73.3%という結果になったそうです!

銭湯でさっぱりと汗を流し、ほどよい距離感で人と出会って話をすることは、想像以上に精神面での健康維持にも役立っているようですね。

さらに内容が気になる方は、ぜひゆうとぴあの待合スペースでチェックを。